香川善通寺 回春エステ 風俗【快楽倶楽部】善通寺店

[サイトマップ]
PICK UP|ピックアップ
ピックアップ 遠藤
遠藤 (26)
T157 B85(C) W59 H87
NEW FACE|新人キャスト
  • NEW FACE 遠藤
    • 遠藤 (26)
    • T157 B85(C) W59 H87
    • コメント:
      可愛らしくおっとりとした空気感が マッサージと共に体を癒してくれることでしょう
  • NEW FACE 神田
    • 神田 (30)
    • T155 B84(D) W59 H89
    • コメント:
      前立腺マッサージなら私におまかせください
  • NEW FACE 白石
    • 白石 (27)
    • T155 B84(C) W57 H83
    • コメント:
      真面目です なので丁寧に丁寧に 心まで癒してくれるセラピストさんです
  • NEW FACE あい
    • あい (26)
    • T160 B90(E) W58 H85
    • コメント:
      艶めく美人で可愛らしく整った顔立ちのセラピストさんです スレンダーながらも魅力的なバストとヒップ!...

▲ もっと見る

バナー広告
バナー広告
バナー広告
バナー広告
バナー広告
バナー広告
バナー広告
バナー広告
バナー広告
バナー広告

最新ニュース

セラピスト大大大募集中です〜

トップページ > イベント情報

【快楽】性感コースって何?

2014-03-10 16:40 更新

エッチなエステシャンが性感帯を刺激します

性感帯は大きく分けて3種類あると言われています。
1 純粋性感帯
乳首や性器などの、一般的に知れ渡っている性感帯の事を指し、刺激を受けた際に性的快感を感じやすい部分とされています。
2 連想性感帯
普段はくすぐったさしか感じないが、興奮状態だと性的快感を感じる部分で、首筋、脇、耳などが挙げられます。
3 錯覚性感帯
神経が集中していて性器にも繋がっている為、刺激が性器にも加えられているような錯覚に陥る性感帯の事です。

お尻の穴はこの錯覚性感帯です。 実際の位置的にも性器に近く。神経も性器に繋がっています。そして刺激をすることでまるで性器をいじられているような感覚に陥る。この錯覚が気持良さの秘訣なのです。つまりお尻の穴は性器を刺激しているのと同じ快楽を得られる場所とも言えるのです。
そもそも性感帯自体、そこに特別な感覚神経があるというものでもなく、刺激を受けることで性感を感じやすい場所と言えます。これらの性感帯は開発が必要な場所が多く、全く開発されていない場所は、気持いいどころか不快感を得るポイントも多々あります。
そういった意味ではお尻の穴もはじめから気持ちよさを感じる人は少なく、
開発が必要となってくる部分です。

そこで当店のエッチなエステシャンが指や綿棒を使ってお尻をゆっくりとほぐしながら会館を高めていきます
因みに性的快楽に繋がるのは、メンタル的な部分も強く関連してきます。「お尻の穴」という事で生まれる背徳感や、禁止事項を犯しているような気持が逆に快楽を生んでくれるという面もあるのです。

男の「Gスポット」と言われる「前立腺」をエッチなエステシャンが指や器具で刺激します

男の最大の快楽スポットとして「前立腺」があります。
「前立腺」という事場自体耳にしたことがある人は多いと思います。
しかし無理矢理 肛門に指を突っ込んで「前立腺」を探そうとしても痛みを感じるだけです。何事も順序が大切ですよ。

「前立腺」とは?
「前立腺」は膀胱の増したに尿道をぐるっと囲む形で直腸の隣に位置しています。この「前立腺」は男性にしかない器官です。そして薄い膜で覆われている直腸を隔てて「前立腺」を刺激することで、快楽を得ることができます。
この「前立腺」の快楽は医学的にもまだ全てが解明されている訳ではないものの、「前立腺」を刺激することでペニスでの刺激では味わうことのできないほどの快楽を体感することができるという事です。

そして「前立腺」を刺激することによって「ドライオーガズム」を得ることができるようになります。

エッチなエステシャンが「ドライオーガズム」に導きます

「ドライオーガズム」とは射精をすること無くオーガズムに達することを指し快楽として一番凄いと言われます。
この「ドライオーガズム」ですが絶頂感が持続した状態がいつまでも続き、要するに
「絶え間ないイキっぱなし」が続くようになります。
人によってはペニスから射精を伴ったり、身悶え、涙、鼻水、涎が出たり、女の子のように喘ぎ声を出したり、と通常男性では考えられないようなとんでもない快楽の波が幾度となく押し寄せるのです。
しかもドライになっている時ほど、人はその実感がないと言います。つまり感じすぎているためそんなことを考えている余裕がないのです。快楽が高まりある程度の域を超えるとドライの状態になり、その瞬間は何をしていたか覚えていないという人もいます。
絶頂間が過ぎ去り、心の平静さを取り戻した時に「ああ、今ドライオーガズムだったんだな」と感じるといわれています。

ドライオーガズムのエクスタシーには終わりがない、といわれています。それは女性のエクスタシーのような状態に男性が陥る状態という比喩になるのでしょうか。なんとも言えない味わったことのない快楽が止め処なく続き、セックスをしている最中の女性のように声を出してしまう場合もよくあります。
しかし、ここで知っておいて欲しいのは
オーガズムの最高峰といわれているエクスタシーの「ドライオーガズム」に達するには個人差があることです。
これには勿論体質なども関連してきますが「心の持ちよう」が大半といわれています。そもそもペニスをしごき射精する時も集中力やモチベーションは必要な筈です。
ですから「ドライオーガズム」に対して寛容な気持ちを持ち、どんな快楽の波が押し寄せても素直に受け止めたいという心構えが必要です。涙や涎が出てくるのはこういった快楽を素直に受け止めてるからであって何も悪いことではありません。むしろ「ドライオーガズム」に対しての正常な反応を体全体で示しているのです。


少しハードルが高そうな「ドライオーガズム」ですが、あなたもそれを感じることは可能です。今まで感じたことの無い快楽の扉を開き、真のオーガズムを感じてみませんか。

※「ドライオーガズム」は100%できるものではありません